読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何故にギターなの

PeaveyのTriumphというギターアンプを安く買った。

家でかるーく音出しをするもまったくもってシックリこないので真空管を変えた。

元の真空管シルバニアのいいやつだったけどテキトーにパワー管をJJ、プリ管をTUNG-SOLに。

はい、全然だめー。

基盤関係のなんかダメなんだろうと思って修理に出した。

ここまでかかった金が6万円(アンプ本体1万、真空管3万、修理費2万)。

シックリこない原因は分かっている。

前にギターのヘッドが割れてくっつけた時には特に音色を変わらなかったんだけど、去年、ライブ前日深夜に同じ個所が割れているのに気づき慌てて家にあった木工ボンドでくっつけたのが駄目だった。そのライブが橋本さんとのデュオだったんだけど音詰まりが酷かった。本当に失礼な話だ。

ネックを修理するのに3万以上はかかるし、新しいネックにするったって7万はかかる。どうにかならんのかなあ。

俺はそこまで金をかけるほどギターに愛着はない。ギターの音が好きってわけでもない。ギターを練習して上手くなろうなんてまったく思っていない。

じゃあなんでギターなの?

はあ、悩んでる割に自分のやってる音楽のテキトーさとのギャップに苛まれる。