読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祭りのクジ

子供の頃、祭りのクジで当たりを引きまくった覚えがある。

この記事のように番号を当てるのではなく、紐の束から1回百円で一本の紐を引くというもの。

百円でクリスマスツリーに飾る電飾を何個も引いた。家に持って帰ったらオカンにパチンコ屋でもやるんかいな!と驚かれた。

翌年も当たりをひいてやろうと意気揚々と祭りに行くが、そのクジ屋は来てなかった。

連れがある屋台でフランクフルトを購入。

他の屋台でも売っていたが、一本百円で売っていた。

代金百円払ってフランクフルトを手にしようとするも、あと百円足らんと店主の声。

百円じゃないのか?と問うも、どこに百円と書いてるのだと店主は反論。

確かに看板も表示も何も出ていないし、店のオヤジも百円だとは一言も発していない。

そういうところから世の中を学ぶものである。

■15万円買っても当たりなし 祭りのクジ屋の闇を暴露する動画に反響

(BIGLOBEニュース - 04月04日 18:21)