読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザラフィアンツ の 最新録音

エソテリックというレーベルのCDは初めて買いましたが、そのブランド創立30周年記念録音というエフゲニー・ザラフィアンツによるベートーヴェンショパンの作品集を聴きました。

収録曲のうちベートーヴェン 「告別」ソナタショパン 「バラード第1番」は昨年聴いたリサイタルでも演奏していました。

ベートーヴェン 「月光」ソナタ第3楽章まさかのスローな出だしが色彩的でちょっと衝撃。

ショパン 「バラード第1番」「スケルツォ第1番」「スケルツォ第2番」それぞれ中間部のスローな世界観が独特でついていけない方もおられるとは思いますが、横幅の広い幻想的な音色を楽しめると思います。

どれくらい独特かというとバラード第1番が12分くらいかかっているという世界です。

ショパンスケルツォ以外は全て旧録音があるようでそちらは聴いてないので比較は出来てません。

オクタヴィアが録音を担当した高音質(という触れ込み)SACDなのですが、プレーヤーを持っていないので、通常CD層しか聴けないのは残念です。

エソテリックは高級オーディオのメーカーらしく(知らなかった)この商品は主にオーディオ・ショップで扱っているようです。タワレコでは検索出来ませんでした。

アリアCD店ならもしかすると在庫ちょっとは持ってるかもしれません。