読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノトーンミュージアム予告

その国は終わってしまいました。

そしていまだに終わり続けているのです。

国の名前も記憶も失われていたので人々はその国をこう呼びました、「後日談の国」と。

今、記憶のカケラに導かれひとりの名もなき旅人が「後日談の国」に足を踏み入れようとしています。

果たして後日談はいつ終わりを迎えるのでしょうか?

モノトーンミュージアム

「永い後日談のネクロニカ」

――かくして物語は紡がれる。