読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカGP MOTO GPクラス

マルケス強えー。

圧倒的に強えー。

横綱相撲だぁ。

世界最高のレーサー達の中でも BEST OF BESTなTOP GUNはこの人とビニャーレスなんだろうなぁ(転んだけど)。

若くしてそういうところにいる、というのはどんな気分なんだろう(笑)?

なんで二人ともスペイン人なんだろう?アメリカンはどこ行ったんだ?

いい加減日本人から突拍子も無いマルケスクラスが出てきて欲しいよ。

http://moonfish.cocolog-nifty.com/srdandy/2017/04/motogp-8080.html

このインタビューの中でカルの「マルクは誰にも乗りこなせないマシンを乗りこなしている」という話がでてくるけど、いまのRC213Vは、かつての85~86くらいのNSR500がフレディ・スペシャルと呼ばれたのと同じなんだろうなぁ。

こういう事は同じマシンに乗っているカルじゃないと判らない話だし、

ああいうキャラじゃないと話してくれないだろう。いい人ですね。

してからにHONDAとYAMAHAのマシン造りの考え方(大げさに言えば哲学)の違いがとても興味深いですな(知ったふうな意見)。

してみると、DUCATIはHONDAに近くて、SUZUKI/Aprilia/KTMYAMAHAに近い考え方なのかね?

カルの「もしペドロサがYAMAHAに乗っていたら、もっと前にチャンピオン獲れた」というタラレバ話も面白い。

断言できないけど、傾向値としてはHONDAとYAMAHAのインディペンデントチームを比べると判り易い。

HONDAのJ・ミラー/T・ラバトとYAMAHAのJ・ザルコとJ・フォルガー。

ポイントスタンディングは3戦が終わったばかりだけど、HONDAの2人はミラー10位/ラバト18位、YAMAHAはザルコ7位/フォルガー8位ということで、YAMAHAの方が初めてでも安心的な感じと言う事はできる。

でもこれはどっちが良くて悪くて、という話ではなくて考え方が違うだけだと思う。

BEST OF BESTの2〜3人が強烈に速く走れればOKな特殊な世界で、みんなに優しい云々なんつーのは市販車でやれば良い事で、

極端に尖ってた方がいいんじゃ!VS ちょっと丸い方が結果的に速いんじゃ!みたいなことだと思う。(でもM1だって素人が乗るには充分すぎるほどに尖ってると思われますよ。)

2輪のレースはトップカテゴリでも人が頭も体も目一杯使って動かす、というのが「見えやすい」のが良い所と再確認した秋の夕暮れなのであります(秋じゃねーよ)。

我らがロッシがポイントリーダーになったので5月からのヨーロッパラウンドが楽しみです。

スペイン/フランス/イタリア/カタルーニャ/オランダ/ドイツ、夏までにこんだけやるんだから運転手は大変だ。

ところで面白いから良いのだけど、イタたわGPのカル・クラッチローの日本語訳だけ語尾が「○○っス」なのは何でだろう(笑)?