読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

golfoffjp テーラーメイド M2 レスキュー

ウッドと同じツートンカラーのヘッドを新採用

新しいテーラーメイド m2 ドライバーシリーズのユーティリティは、ウッドからの流れを意識してデザインされたようです。前作は黒一色のヘッドでしたが、ドライバーやフェアウェイウッドと同じ白黒のツートンカラーが採用されました。

統一感があって、このほうがいいですね。クラウンはカーボン素材ではなくてステンレススチールです。技術的にはカーボンクラウンも可能だと思いますが、そもそもユーティリティはクラウンの投影面積が小さいし、低重心にして飛距離を稼ぐクラブでもないので、適材適所ということなのでしょう。ひょっとすると、次モデルではカーボンクラウンが採用されているかもしれません。

打ち出しが高くて、ほどよくつかまった球が打てるクラブですね。僕の場合は左へのミスが怖いので、このアップライト感のあるクラブだと、コースでツマ先上がりのライから打つのはツライかも。実際、そこまで左には行かないと思いますが、構えたときの見た目の印象の問題です。

m2 ドライバーボクはコースでも試打しましたが、ミスに強くて操作性も良かったですよ。気になったのは、オリジナルのカーボンシャフトだと軽すぎることです。もう少し総重量があれば、買いたいです。

カーボンシャフトは60グラム台ですよね。スチールシャフト装着モデルも用意されていますが、それだとシャフト重量が100グラム近くになります。その間の80グラム台が欲しかったです。

http://golfoffjp.com/taylor-made-m2-driver.html