読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カルガモ

昼間に行くと一枚のように一羽だけが親の袂におって残りが散らばっていたのですよね。

だから次の日の朝に行くと親の廻り全てのヒナが集まってくれてたんですが、ヒナ落ち着きないのでブレてしまいました。

ハヤブサを狙える場所のすぐ前の川なんですけれどもね。

今の時期のハヤブサは巣の出入りくらいだからそれ程動きのある絵柄は撮れんと思いますが、あそこは通りががった時にラッキー的に面白いハヤブサが見れる場所です。

正月に巣でなく鉄塔の方に飛ぶ影が一瞬見えたので自転車で下まで行くとハヤブサがお食事中。

コンデジでも内蔵と確認できたのです。