読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【群馬】JR高崎線の線路上に自転車を放置、列車が衝突 22歳男を逮捕 近くで同様事件も

線路上に自転車…男逮捕

近くで同様事件も

群馬県

 

先月、群馬県高崎市のJR高崎線の踏切で、線路上に自転車を放置したとして、会社員の男(22)が逮捕された。

近くの踏切では11日も同様の事件があり、警察が関連についても調べている。  

列車往来危険の疑いで逮捕されたのは、高崎市の会社員・只木修耶容疑者。

只木容疑者は先月21日深夜、JR高崎線新町駅」近くの踏切で、線路上に自転車を放置し、貨物列車と衝突させた疑いが持たれている。

ケガ人はいなかった。

現場周辺の防犯カメラなどに男が線路上に自転車を置く様子などが映っていて、只木容疑者が浮上したという。

警察の調べに対し、只木容疑者は

「間違いありません」

「仕事のストレスがたまっていた」

と話しているという。

11日深夜にも200メートルほど離れた別の踏切で、線路上に置かれた自転車と普通列車が衝突する事件が起きていて、只木容疑者が関与をほのめかしているという。

警察は関連についても詳しく調べている。