読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

艦これRPG 江戸前鎮守府奮闘記 3-25 『露呈した軋轢』

提督:それではクライマックス戦闘の敵艦隊の陣容です

【敵艦隊】

・駆逐ハ級

・駆逐ハ級

軽巡ト級

軽巡ト級

・軽空母ヌ級elite

・戦艦タ級elite

戦場表:?

鈴谷:あれ、なんか軽い?

提督:かもね

羽黒:とりあえず戦艦はマークですね

大井:千歳お姉、偵察お願ーい

千歳:はーい。戦艦タ級eliteを偵察します

鈴谷:鈴谷も軽空母ヌ級eliteを偵察するよー

提督:両方通します。戦艦タ級eliteは2に、軽空母ヌ級eliteは4に配置します。こっちも千歳を偵察します

千歳:対空で迎撃(コロコロ)……成功しました!

結果、プロットは以下のように。

6 軽巡トB

大井 5 軽巡トA

羽黒 千歳 4 軽空母ヌe

鈴谷 3

木曾 2 戦艦タe

1 駆逐ハA 駆逐ハB

木曾:で、これが終わったら本当に桜花の応援に行くのか?

鈴谷:提督、どうなの?

提督:行くよー

羽黒:ちょっと温存しないとですね

と、二戦目への用心を口にする面々。

しかし、※結論から言おう。

心配するまでもなく、温存する事が出来た。

判定もダメージもサイコロの目に恵まれ、敵艦隊をあっさりと撃退。

消費したリソースもそれぞれ声援一人分という省エネぶりだった。

提督:コンナハズハー……

一同:いえーい!

鈴谷:「ヨユーっしょ、ヨユー」

千歳:「千代田は大丈夫かしら……」

提督:じゃあお望み通り不安にさせてあげよう。皆さんの耳に通信が聞こえます

千歳:別に望んでないから!(一同笑)

普段はスマホを使う紺碧師団の身につける通信機。

ほったらかしにしていた周波数がノイズ混じりの音声を偶然拾った。

聞こえたのは天龍の悲鳴、そして一条提督の怒号だった。

大井:悲鳴?

提督:はい。ノイズ混じりでよく聞こえませんが、「助けてくれ!退路も塞がれて退くに退けねぇ!」と叫んでいます

鈴谷:うるさいなぁ

羽黒:そうじゃなくて!

木曾:もう少し聞けるか?

提督:はい。「どういう事だ?!一体何をしている!」と怒鳴る一条提督に「何か知らねぇけど敵艦隊がいきなり強くなったんだ!」と天龍が訴えてます

羽黒:いきなり強く?

大井:※そんな事出来るの?

提督:さぁ?そして通信は以下のように続きます

「貴様ら、それほどまでに俺に恥をかかせる気か……」

一条の声から明らかに怒気が感じられた。

「そんな事言ってる場合か!早く増援をよ……ぐああああああッ?!」

「もういい!戻りたければ自力で戻って来い!お前達の代わりなど幾らでもいるんだからな!覚えておけ!」

捨て台詞を叩きつけると、そのまま無線は切れた。

続く

続く